なぜ、残業はなくならないのか

話題の新刊

2017/05/25 18:37

「電通過労自死事件」を契機に政府は残業時間に関する上限規制を設けようとしている。だが、著者はサービス残業などが横行し労働者を逆に苦しめることになるのではと投げかける。政府から企業まで「働き方改革」の大合唱だが、現状の「働き方改革」は「働かせ方改革」との指摘はもっともだ。残業がなくならない理由は極論すれば、日本の会社にとって残業が合理的であるからだという。海外のように「仕事に人がつく」のではなく、日本の会社では「人に仕事がつく」。個人の担当が曖昧なため際限なく仕事は増える。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「安倍政権の働き方改革に騙されるな」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍政権の働き方改革に騙されるな」

    週刊朝日

    11/12

    竹増貞信「働き方改革は心身の健康から」<コンビニ百里の道をゆく>
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    竹増貞信「働き方改革は心身の健康から」<コンビニ百里の道をゆく>

    AERA

    7/2

  • 医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

    医師の働き方は改革できる? 全職種トップ「超長時間労働」の深刻さ

    週刊朝日

    3/7

    働き方、おかしいのは日本人? 中国で

    働き方、おかしいのは日本人? 中国で"潜入労働"した著者のトークイベントが開催

    BOOKSTAND

    5/31

  • 「働き方改革」で中間管理職に突きつけられる“最大のリスク”とは何か?

    「働き方改革」で中間管理職に突きつけられる“最大のリスク”とは何か?

    ダイヤモンド・オンライン

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す