書評『N女の研究』中村安希著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

N女の研究 中村安希著

このエントリーをはてなブックマークに追加
相原透書評#話題の新刊

N女の研究

中村安希著

978-4845916153
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 高学歴、高職歴で、有名企業に就職できる実力がありながら、あえてNPO法人を選んだ女性たち。それら“N女”たちを、開高健ノンフィクション賞作家が取材し、現代の職業選択の在り方や女性の働き方を探った一冊。

 高い社会的地位を捨て、給与も少ない不安定な状況をなぜ選ぶのか? 難民支援、新興国への人材派遣、ホームレス支援、若年無業者支援などのNPOや社会的企業で働く10人の姿から働く理由を浮かび上がらせる。

“N女”は決して特別な存在ではない、ただし「行政を当てにしない」「きれいごとを言わない」という潔い精神を感じると著者は言う。貧困や社会的リスクを誰のせいにもしない。知恵を使い、行動を続け、現状に向かっていく。登場した“N女”は誰もが凛とした魅力に満ちている。

週刊朝日 2017年4月14日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい