『サピエンス全史』上・下

ベストセラー解読

2017/01/25 13:08

 私たち現生人類につながるホモ・サピエンスは、20万年前、東アフリカに出現した。その頃にはすでに他の人類種もいたのだが、なぜか私たちの祖先だけが生き延びて食物連鎖の頂点に立ち、文明を築いた。40歳のイスラエル人歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』は、この謎を三つの重要な革命──認知革命・農業革命・科学革命──を軸に解き明かす。

あわせて読みたい

  • “レジリエンス”が見えてくる 人類学者・山極壽一が選ぶ「本質を掘り下げる」本

    “レジリエンス”が見えてくる 人類学者・山極壽一が選ぶ「本質を掘り下げる」本

    AERA

    4/28

    5万年前、4種以上の人類が存在した? 骨の発掘とDNAの分析で解き明かす

    5万年前、4種以上の人類が存在した? 骨の発掘とDNAの分析で解き明かす

    AERA

    6/20

  • 21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考

    21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考

    週刊朝日

    12/20

    ホモ・デウス

    ホモ・デウス

    週刊朝日

    9/27

  • 日本人はどこから来たのか?

    日本人はどこから来たのか?

    週刊朝日

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す