書評『アメリカはなぜトランプを選んだか』開高一希著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

アメリカはなぜトランプを選んだか 開高一希著

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理書評#話題の新刊

 その立ち振る舞いが世界の注目を集めたドナルド・トランプ氏。出馬宣言以降の言動から、彼が国民の支持を集める背景を探った書だ。
 不動産事業やカジノ経営を手掛ける実業家として政界に進出、自己資金で選挙活動を行う。独自の経歴やスタイルから導かれるのは、「本音」を感じさせる発言だ。「政治的に正しくあることはとても退屈」と語り「不法移民には強制送還を実行」「ヒラリー・クリントンは夫も満足させることができない」等々、社会的弱者や対立候補への攻撃的な言動も辞さない。発言がメディアで非難を受けるほど、かえって国民の注目は高まり、支持率は増した。彼に目を奪われるとき、私たちは既に「トランプショー」の一員だったのだ。からくりを気づかせ、政治家に「使われない」ためのヒントを与える。 

週刊朝日 2016年12月16日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい