書評『月兎耳の家』稲葉真弓著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

月兎耳の家 稲葉真弓著

このエントリーをはてなブックマークに追加
村上玄一書評#話題の新刊

月兎耳の家

稲葉真弓著

978-4309024967
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 2年前、膵臓がんのため64歳で旅立った稲葉真弓の遺稿小説集である。
 表題作「月兎耳の家」は、初老に近づいた主人公の「私」が元女優志願の老いた叔母を施設に送るまでの話。「月兎耳」とはベンケイソウ科の地味な植物。ラスト部分に〈老婦人のさして長くはないだろう晩年を見届ける〉という主人公の呟きがあるが、そこからは十分に思いを果たせぬまま逝った著者の切なさが伝わる。
「風切橋奇譚」は、死の前年に1年間雑誌に連載された幻想小説。作者はこの時すでに死を覚悟していたに違いない。あの世と現世を行き来する物語で、著者は涙を流しながら最後の力を振り絞って綴ったのでは、と思わせる雰囲気が文章に流れている。
 収録された3作品からはともに人生の無常、生命の無情が感じとられる。

週刊朝日 2016年11月25日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい