中島ハルコの恋愛相談室

話題の新刊

2015/07/09 12:36

 フードライターの菊池いづみがパリで出会った厚かましい女──それが中島ハルコ。「喋らなければ美人」の52歳バツ2、IT関係の女社長で、金遣いも人使いも荒い。けれど不思議なことに、ハルコの周りには人が絶えない。
 本作は、毎回ハルコが持ちかけられた相談を解決していく1話完結もの。「不倫がやめられない」「息子が大学を辞めてミュージシャンになろうとしている」「親が結婚に反対している」……ハルコは老若男女の悩みを、時には適当に、時には激怒しながら遠慮なくぶった切る。おばさんヒロインが活躍する小説であるのと同時に、林真理子の人生相談エッセイ的な側面もある作品だ。
 けっして友達にはなりたくないが、遠くで見ていると愛しく思えるハルコ。モデルとなっているのは、エッセイにもよく登場している林真理子の友人の女性。林の辛口な人生観が加わって、毒々しく気持ちのいいヒロインが生まれた。図々しさだけではなく、弱さを見せるシーンもあり、「かわいいところもあるじゃないか」と思わされてしまうのがにくい。

週刊朝日 2015年7月17日号

中島ハルコの恋愛相談室

林真理子著

amazon
中島ハルコの恋愛相談室

あわせて読みたい

  • 松本まりか「家はすき間風が寒くて(笑)。ブレーカーもすぐ落ちちゃう」

    松本まりか「家はすき間風が寒くて(笑)。ブレーカーもすぐ落ちちゃう」

    週刊朝日

    5/1

    三宅宏実「私、握力が26キロぐらいしか…」それでもメダルを獲れた理由

    三宅宏実「私、握力が26キロぐらいしか…」それでもメダルを獲れた理由

    週刊朝日

    12/27

  • 大地真央、美の秘訣は「午前中」にあり? 朝のルーティンを明かす

    大地真央、美の秘訣は「午前中」にあり? 朝のルーティンを明かす

    週刊朝日

    1/29

    作家・林真理子さんがキャッシュレス時代に「現金払い」を心がける理由

    作家・林真理子さんがキャッシュレス時代に「現金払い」を心がける理由

    AERA

    4/28

  • 林真理子さんが明かす大学卒業後の貧しかった時代 それでも「お金は使うときに使わなきゃ」

    林真理子さんが明かす大学卒業後の貧しかった時代 それでも「お金は使うときに使わなきゃ」

    AERA

    4/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す