やなせたかし おとうとものがたり

話題の新刊

2014/10/22 12:00

 5歳のときに父が亡くなり、母は再婚するため幼い子供たちをおいて家を出て行った。残された兄弟の絆と22歳で戦死した弟への想い──昨年亡くなった漫画家、やなせたかしさんが絵と詩で紡いだ18編の物語。
 二人を引き取った伯父は実の子供同然に育ててくれたが、弟は伯父夫婦の養子となり、やなせさんは居候のような存在。父母と弟、家族にみなバツ印のついた戸籍を見たとき、自分はこの世で一人になったのだと知る。
 それでも兄弟いつも一緒で、どんなときもお互いの味方。快活で優等生の弟は兄の誇りだったけれども、ふと自分の中にある小さなねたみに気づく。少年の葛藤をやなせさんは目をそらさず、切ないほどまっすぐ見つめる。
 その弟は出征してフィリピン沖の海で命を絶たれた。もう永遠に心の内を伝えられない、その癒やしがたい痛みに胸がしめつけられる。
 いつもと同じあたたかい絵。だがモノクロの画面には、心の奥にしまいこまれてきた寂しさと悲しみが溢れる。川辺に座る兄弟の後ろ姿は、読む人の遠い記憶を呼び覚まし、目頭が熱くなるのを止められない。

週刊朝日 2014年10月31日号

やなせたかし おとうとものがたり

やなせたかし著

amazon
やなせたかし おとうとものがたり

あわせて読みたい

  • 「俺は間もなく死ぬんだよ」やなせたかしさん 貫いた哲学

    「俺は間もなく死ぬんだよ」やなせたかしさん 貫いた哲学

    AERA

    10/22

    スリップノットのミック、共に病院送りとなった兄弟喧嘩で起訴される

    スリップノットのミック、共に病院送りとなった兄弟喧嘩で起訴される

    Billboard JAPAN

    3/23

  • ダウン症の姉より健常な弟が… 49歳独身男性が抱える“きょうだいリスク”とは

    ダウン症の姉より健常な弟が… 49歳独身男性が抱える“きょうだいリスク”とは

    AERA

    6/15

    3月6日は弟の日!弟の日には何を贈ればいいの?

    3月6日は弟の日!弟の日には何を贈ればいいの?

    tenki.jp

    3/6

  • やなせたかしさん 視力衰え見えない中で描いた作品

    やなせたかしさん 視力衰え見えない中で描いた作品

    週刊朝日

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す