書評『やなせたかし おとうとものがたり』やなせたかし詩・画 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

やなせたかし おとうとものがたり やなせたかし詩・画

このエントリーをはてなブックマークに追加
谷本束書評#話題の新刊

 5歳のときに父が亡くなり、母は再婚するため幼い子供たちをおいて家を出て行った。残された兄弟の絆と22歳で戦死した弟への想い──昨年亡くなった漫画家、やなせたかしさんが絵と詩で紡いだ18編の物語。
 二人を引き取った伯父は実の子供同然に育ててくれたが、弟は伯父夫婦の養子となり、やなせさんは居候のような存在。父母と弟、家族にみなバツ印のついた戸籍を見たとき、自分はこの世で一人になったのだと知る。
 それでも兄弟いつも一緒で、どんなときもお互いの味方。快活で優等生の弟は兄の誇りだったけれども、ふと自分の中にある小さなねたみに気づく。少年の葛藤をやなせさんは目をそらさず、切ないほどまっすぐ見つめる。
 その弟は出征してフィリピン沖の海で命を絶たれた。もう永遠に心の内を伝えられない、その癒やしがたい痛みに胸がしめつけられる。
 いつもと同じあたたかい絵。だがモノクロの画面には、心の奥にしまいこまれてきた寂しさと悲しみが溢れる。川辺に座る兄弟の後ろ姿は、読む人の遠い記憶を呼び覚まし、目頭が熱くなるのを止められない。

週刊朝日 2014年10月31日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい