書評『人生相談。』真梨幸子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

人生相談。 真梨幸子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子書評#話題の新刊

人生相談。

真梨幸子著

978-4062188791
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 本書は新聞の定番コーナー「人生相談」を舞台にした小説だ。物語は大洋新聞の長寿連載「よろず相談室」に寄せられた、「居候している女性が出て行かない」という投書から始まる。他にも「職場のお客が苦手」「隣の人がうるさい」「口座からお金を勝手に引き出された」など、様々な投書が寄せられる。
 一見バラバラな悩みだが、ある悩みの被害者が、実は別の人を悩ます当事者だったりと、一癖も二癖もある登場人物たちはどこかで繋がっている。
 だから、「この人は誰だっけ?」と何度もページをめくり返すことになる。
 終盤、パズルのピースがぱたぱたと埋まるように物語のスピードが加速し、1枚の絵が完成する。しかし、その絵柄が本当に正しいか確信が持てず、またもやページを繰り直す。
 人生相談のアドバイス通りに解決すれば苦労はしない。それでも人は、明確な回答や真実を欲さずにはいられない。登場人物もまた、それを求めて迷走する。一方、高みの見物であるはずの読み手も、他人の不幸を覗き見たいという、野次馬的な好奇心が浮き彫りにされてしまうのだ。

週刊朝日 2014年9月5日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい