「東京五輪の日当は35万円」 国会で暴露された東急エージェンシー、パソナへの“厚遇”

2021/05/30 15:00

東京五輪・組織委員会と東急エージェンシーが交わした業務委託契約(提供・斉木武志衆院議員)
東京五輪・組織委員会と東急エージェンシーが交わした業務委託契約(提供・斉木武志衆院議員)

 答弁に立った組織委の布村幸彦副事務総長は業務委託契約書と内訳書が「五輪組織委員会と民間事業者の契約書の一部。当事者が適切に保管すべきもので外部流出は遺憾です」と組織委と東急エージェンシーで締結された書面のコピーだと認めた。

 そして、なぜ業務委託契約費が高騰しているのか。斉木議員はその理由を問いただした。

 そこで登場したのが、人材派遣サービス大手「パソナグループ」だ。同社のホームページによれば、<東京オリンピック・パラリンピックでは「人材サービス」カテゴリーにおける『東京2020オフィシャルサポーター』契約を締結>と記されている。

 斉木議員がさらに委員会で内部資料<TOKYO2020 パートナーカテゴリー>に基づいてスポンサー保護の項目が定められている、と暴露。次のように質問した。

「例えばソフトドリンクはオフィシャルスポンサーのコカ・コーラ。アルコールはアサヒビールと縛りがあります。人材サービス分野はパソナグループとリクルートホールディングス。人材派遣はパソナにだけというパートナー契約ではないか」

 組織委の布村氏は「一般論としてはその通りです」とアッサリ認め、こう答えた。

「組織委の約4000人の3分の2の職員は、国や東京都、スポンサー企業などからの出向であります。残りの3分の1はパソナから優先的に派遣されています。しかし、大会運営業務委託は専門性もあり、パソナ以外のところからも派遣してもらっている」

 パソナグループは五輪スポンサーで、人材派遣サービスとして優先されているという。大会運営業務委託は43会場で契約されており、契約者として東急エージェンシー以外にも、電通や博報堂など大手広告代理店が名を連ねる。

 組織委がパソナグループ以外から人材派遣サービスを受ける場合、「パソナグループでないところから派遣を受ける旨、組織委に書面で承諾を受けないといけない」と斉木議員が明かした。

 委託費が高騰する理由もこう語った。

 

NEXT

菅首相の上司だった竹中平蔵パソナ会長

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • トラブル続出のワクチン大規模接種センター予約システム 運営会社の背後に自民党人脈

    トラブル続出のワクチン大規模接種センター予約システム 運営会社の背後に自民党人脈

    dot.

    5/23

    田原総一朗「竹中平蔵氏に大批判 その異常さを日本は受容できない」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「竹中平蔵氏に大批判 その異常さを日本は受容できない」

    週刊朝日

    12/2

  • 眞子さま“破談”危機 小室さんの“別の顔”とは?

    眞子さま“破談”危機 小室さんの“別の顔”とは?

    週刊朝日

    8/1

    【写真】「紀州のドン・ファン」元妻と共演した話題のセクシー男優はこちら

    【写真】「紀州のドン・ファン」元妻と共演した話題のセクシー男優はこちら

    dot.

    5/4

  • 23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

    23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

    週刊朝日

    3/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す