ノートとペンだけでOK! マイナス思考を脱出する簡単な方法

2019/10/29 11:30

■ある人が子どもにやっていた、プラス思考教育法

 そんなときでした。ある若いお母さんがこう言いました。

「私、子どもに楽しかったこと、いいことだけを1日の終わりにノートに書かせているの。たとえ嫌なことがあってもそのノートには絶対に書かせない。だって物事悲観的に捉えようと思えばいくらだって悲観的に捉えられるでしょう? でもそれじゃこれからの世の中で生き残っていくことはできないと思う。だから何事もプラスの方に目がいくよう、今から教育しているのよ」

 未だ“ホンモノのプラス思考”になりきれていなかった私は、さっそくその方法も取り入れてみることに。いつも手の届くところにノートとペンを置いておき、「うれしかったな」「楽しかったな」と思ったことを書き綴るようにしたのです。

当時書いた“いいことだらけノート”は捨ててしまったので、今回10年ぶりにさっと書ける携帯電話のメモ機能を使って書いてみました。なんだか食べ物関係の幸せばかりになってしまいましたが……
当時書いた“いいことだらけノート”は捨ててしまったので、今回10年ぶりにさっと書ける携帯電話のメモ機能を使って書いてみました。なんだか食べ物関係の幸せばかりになってしまいましたが……
 最初は書けませんでした。でも「今日こそ書くぞ!」と思うことで、「うれしかったこと」「楽しかったこと」を必死に探すようになりました。自分でやってみてわかったのですが、この“工程”が大事。「楽しいこと、うれしいことはないか」と毎日探しているうちに、“幸せなこと”を探すのがうまくなってくるし、幸せだな、楽しいなと思う沸点がどんどん低くなってくるのです。

 そしてこれまでの私は、幸せだと思う沸点が高すぎたということに気づいたのです。だから相当にうれしいことじゃないと幸せと思うことができませんでした。ところがこのノートをつけ始めると「そういえば今日、仕事行くとききれいな紫陽花見かけたなぁ」とか「コンビニの中華丼、想像以上においしかった。幸せなお昼ごはんだったな」など身近な幸せを見つけられるようになってきました。

 さらにこのノートのいいところは「もうダメだ。私ってやっぱり不幸なんだ!」と思ったときに読み返すと「なんだ。幸せなんてそこら中に転がっているじゃない」とエネルギーになってくれるところ。

 このノートは1~2年続けたところで、「もう大丈夫! マイナスに引っ張られることはない」と自分に自信がついたのでやめました。

 そして思いきって、そのノートたちは処分。処分できたのは、この先もっと楽しいことが待っていると自分に確信を持てるようになったからです。

NEXT

親の老後問題に、夫の介護。欝寸前まで行った母

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 「プラス思考になりなさい」ではなく…「めげない技術」とは?

    「プラス思考になりなさい」ではなく…「めげない技術」とは?

    週刊朝日

    11/3

    深田恭子「ここにいてもいいんだ」 吉田沙保里とファンからの泣きそうになった言葉

    深田恭子「ここにいてもいいんだ」 吉田沙保里とファンからの泣きそうになった言葉

    AERA

    10/21

  • NEWS加藤シゲアキ、作家人生スタートのきっかけは、引き出しの中の「聖書」だった?

    NEWS加藤シゲアキ、作家人生スタートのきっかけは、引き出しの中の「聖書」だった?

    AERA

    3/3

    榎木孝明が感動…死を前向きに捉える“看取り士”とは?

    榎木孝明が感動…死を前向きに捉える“看取り士”とは?

    週刊朝日

    9/17

  • さだまさし 35億円の借金を完済できた“めげない”思考法とは?

    さだまさし 35億円の借金を完済できた“めげない”思考法とは?

    週刊朝日

    11/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す