【岩合光昭】一瞬だけ警戒心を解いたブラジルのコアリクイ 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【岩合光昭】一瞬だけ警戒心を解いたブラジルのコアリクイ

連載56 動物っていいなあ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩合光昭dot.#アサヒカメラ#岩合光昭
コアリクイ パンタナール(ブラジル)■オリンパスOM-D E-M1 MarkII・M.ズイコーデジタル ED 40~150ミリF2.8 PRO・ISO200・絞り開放・500分の1秒

コアリクイ パンタナール(ブラジル)■オリンパスOM-D E-M1 MarkII・M.ズイコーデジタル ED 40~150ミリF2.8 PRO・ISO200・絞り開放・500分の1秒

 これは、コアリクイが木から飛び降りる瞬間だ。しっぽがまだ枝に巻き付いているのは自分の身の安全をはかるため。突然何かがあっても、ぱっと体勢を立て直せるよう、最後の最後まで用心しているのだ。

 コアリクイが木に登るのはシロアリがいるから。彼らはするどい爪を使ってシロアリの小さな巣の穴を広げ、舌でアリをなめとる。アリだけでなく、ミツバチの巣も好物だ。

 彼らはこちらがじっとしていると警戒心をゆるめ、いろいろな様子を見せてくれるのが楽しい。このときは3、4メートルの近さで撮ることができた。

写真・文=岩合光昭

※アサヒカメラ2019年8月号から抜粋


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい