【脳腫瘍】良性であっても生活に影響が出ることが多い 悪性は完全に取り除くのが難しく、再発しやすい 

いい病院2023

2023/01/19 17:00

 発症する部位によって、その近くを通る神経に影響を及ぼし、さまざまな機能障害を起こす脳腫瘍。良性の場合には命に関わることはありませんが、機能障害によりQOL(生活の質)を落とすことも多いため、できるだけ早く適切な治療を受けることが重要な疾患です。

あわせて読みたい

  • 関ジャニ∞安田が脳腫瘍の一種「髄膜腫」摘出 予防は困難で視力や聴力に影響も

    関ジャニ∞安田が脳腫瘍の一種「髄膜腫」摘出 予防は困難で視力や聴力に影響も

    週刊朝日

    7/3

    【脳腫瘍手術】患者はどう治療法を選べばいい? 脳をどこまで切り取るか? 専門医が解説

    【脳腫瘍手術】患者はどう治療法を選べばいい? 脳をどこまで切り取るか? 専門医が解説

    dot.

    3/24

  • 視野が欠けたら髄膜腫の兆し? 聴力が低下することも

    視野が欠けたら髄膜腫の兆し? 聴力が低下することも

    dot.

    8/11

    頭痛や吐き気、気分の落ち込みも 脳腫瘍の多様な症状とは?

    頭痛や吐き気、気分の落ち込みも 脳腫瘍の多様な症状とは?

    dot.

    8/10

  • 【脳腫瘍手術】治療検討のタイミングと「機能温存」のための摘出範囲の見極めが重要

    【脳腫瘍手術】治療検討のタイミングと「機能温存」のための摘出範囲の見極めが重要

    dot.

    3/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す