「妊娠していなくても、中高生のうちから産婦人科に行こう」と性教育の専門家が呼びかける理由とは?

いまどきティーンズの性知識 産婦人科医・サッコ先生の性教育講座(2)

AERAwithKids

2023/01/09 16:00

 小・中学校、高校を中心に、年間120回を超える性教育講座をこなす、サッコ先生こと産婦人科医の高橋幸子先生。講演が終わってから「親には聞けなかったことが、ちゃんとわかってよかったです!」とわざわざ伝えにくる生徒もたくさんいるそう。今回は、母娘必見。サッコ先生が、ティーンズ女子の心とからだの「お守り」になる知識を伝授! 「産婦人科」は小学生くらいの年齢から受診できるってご存じでしたか?

あわせて読みたい

  • 「自慰行為のし過ぎで死ぬの!?」中高生を翻弄するウソに、専門家がアドバイス

    「自慰行為のし過ぎで死ぬの!?」中高生を翻弄するウソに、専門家がアドバイス

    dot.

    1/8

    HPVワクチン接種の国内認知度は? 「日本人はどうして接種しないの」都心では中国人の希望者が続出
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    HPVワクチン接種の国内認知度は? 「日本人はどうして接種しないの」都心では中国人の希望者が続出

    dot.

    10/23

  • ピルの役割は“避妊”だけではない 女性のある悩みの改善も

    ピルの役割は“避妊”だけではない 女性のある悩みの改善も

    AERA

    11/6

    「コンドーム」と「低用量ピル」、避妊の効果はどのくらい違う? 性教育の専門家に聞く

    「コンドーム」と「低用量ピル」、避妊の効果はどのくらい違う? 性教育の専門家に聞く

    dot.

    1/10

  • 子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    dot.

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す