精度が上がった自動翻訳 でも「between」と「among」の訳し分けができない理由とは

AI翻訳

2022/11/17 06:00

 進化を続ける自動翻訳の肝は「ニューラル翻訳」だ。神経細胞(ニューロン)が相互接続する脳をコンピューターで模した「ニューラルネット」を活用した自動翻訳のことで 、その訳文は人間の自然な訳に近いものになる。こうした最新の自動翻訳にも、人間による品質評価が欠かせないという。自動翻訳研究の第一人者である隅田英一郎氏の『AI翻訳革命』(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介する。

あわせて読みたい

  • 人工知能時代に、英語を学ぶべきなのか? 『AI翻訳革命 ―あなたの仕事に英語学習はもういらない―』が8月19日発売

    人工知能時代に、英語を学ぶべきなのか? 『AI翻訳革命 ―あなたの仕事に英語学習はもういらない―』が8月19日発売

    8/19

    自動翻訳は「使えない」は本当? 生まれ変わったグーグル翻訳で「徹夜がなくなった」

    自動翻訳は「使えない」は本当? 生まれ変わったグーグル翻訳で「徹夜がなくなった」

    dot.

    11/11

  • “ほんやくコンニャク”実現の日は近い!? 自動翻訳技術、最新の実力は?

    “ほんやくコンニャク”実現の日は近い!? 自動翻訳技術、最新の実力は?

    dot.

    10/12

    内田樹「外国語を学んで偏見から解放 自動翻訳でどうなる?」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「外国語を学んで偏見から解放 自動翻訳でどうなる?」

    AERA

    9/11

  • グーグル翻訳で自分の英語力は“拡張”できる! コツは「手直し力」

    グーグル翻訳で自分の英語力は“拡張”できる! コツは「手直し力」

    AERA

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す