医師を困らせていたモンスターペイシェントが突然「いい人」に 医師が語るその後の人間関係は?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2022/09/02 07:00

医療従事者に対して過剰なクレームや暴言を言う患者は、モンスターペイシェントと呼ばれます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師は、そんな患者も性格が大きく変わる場合があるといいます。大塚医師の過去の経験から、忘れられない患者さんについて語ります。

あわせて読みたい

  • 「医師に見放されちゃったんじゃないか?」と不安ながん患者 医師の耳の痛い現実とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「医師に見放されちゃったんじゃないか?」と不安ながん患者 医師の耳の痛い現実とは?

    dot.

    10/25

    医師を困らせる“モンスターペイシェント” その実態とは?

    医師を困らせる“モンスターペイシェント” その実態とは?

    週刊朝日

    8/29

  • 院長が“お山の大将”だから…いまだ続く「ドクハラ」の実態

    院長が“お山の大将”だから…いまだ続く「ドクハラ」の実態

    週刊朝日

    11/25

    医者に嫌われる “三流患者”はこんな人

    医者に嫌われる “三流患者”はこんな人

    週刊朝日

    6/12

  • 「親の命と仕事、どちらが大切なんですか?」 医師の心ない言葉に患者は…
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「親の命と仕事、どちらが大切なんですか?」 医師の心ない言葉に患者は…

    dot.

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す