足を洗った元暴力団員への「生活口座開設」 支援する弁護士が直面する現実と元組員が語ったホンネ

暴力団

2022/08/27 11:30

 警察庁が今年2月、暴力団と関係を絶った元組員について、金融機関の口座開設を支援するよう都道府県警に指示した。一人でも多くの暴力団員を組織から離脱させ、元暴力団員の社会復帰を促すのが狙いだ。ただ、実は同様の取り組みは以前から行われているのだが、大きな成果には結びついていない。暴力団対策法(暴対法)や自治体の暴力団排除条例(暴排条例)で締めつけが強まり、離脱する組員が増える一方で、その後の暮らしをどうするのかという問題は更生と切り離せない。支援に携わる弁護士らが直面する現実と、元組員らの思いを取材した。

あわせて読みたい

  • 神戸山口組が内紛で落日  コロナで幹部もしのぎで苦戦し、六代目山口組へ移籍も

    神戸山口組が内紛で落日  コロナで幹部もしのぎで苦戦し、六代目山口組へ移籍も

    週刊朝日

    8/7

    ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。

    ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。

    週刊朝日

    10/3

  • 暴力団員「われわれに人権はないのか」ヤクザのリアル描いた映画

    暴力団員「われわれに人権はないのか」ヤクザのリアル描いた映画

    AERA

    1/22

    暴力団員の子が置かれた「あまりにも過酷な現実」

    暴力団員の子が置かれた「あまりにも過酷な現実」

    東洋経済

    3/15

  • 山之内元山口組顧問弁護士が解説 前代未聞の逮捕容疑となった“状”の偽造って?

    山之内元山口組顧問弁護士が解説 前代未聞の逮捕容疑となった“状”の偽造って?

    週刊朝日

    6/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す