日本では違和感ない「無宗教です」の言葉も海外では危険 元大使が経験した“凍りついた”現場

宗教

2022/08/27 10:00

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)による高額な献金被害の実態が明らかになるとともに、テレビでコメントする政治家やタレント、SNSで自身を「自分は無宗教」などと口にする人が増えてきた。日本国内では違和感を覚えない言葉だが、「海外で『無宗教者だ』とうかつに口にするのは注意が必要」と話すのは、駐チュニジア、駐ラトビア特命全権大使を歴任した多賀敏行・中京大学客員教授。なぜなのか。多賀さんに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち

    人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち

    AERA

    8/5

    無宗教でもこれだけは知っておきたい宗教のことばとは?

    無宗教でもこれだけは知っておきたい宗教のことばとは?

    dot.

    7/31

  • 日本人の死生観に変化 「霊魂信じる」増加中

    日本人の死生観に変化 「霊魂信じる」増加中

    AERA

    8/7

    ゲーム・アニメ・映画に出てくる勘違い宗教用語5選

    ゲーム・アニメ・映画に出てくる勘違い宗教用語5選

    dot.

    8/20

  • お盆に考えたい不思議な日本人の宗教観 そもそも神と仏の違いとは?
    筆者の顔写真

    鈴子

    お盆に考えたい不思議な日本人の宗教観 そもそも神と仏の違いとは?

    dot.

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す