子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

ヘルス

2022/07/22 18:00

20~40代の人に多く、40代では3~4人に1人が筋腫をもっているといわれる子宮筋腫。しかし子宮筋腫があっても、手術して切除することが最善とは限らない。一方で、治療することで妊娠につながるメリットもある。症状やライフスタイルに応じ、自らにとって最善の選択をできることが望ましい。どのような理由で、どのような治療選択をするのか、実例も含めて医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    dot.

    7/19

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    dot.

    7/18

  • ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    週刊朝日

    1/30

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    dot.

    5/9

  • 茶色のおりもの?月経以外で血がでたら…子宮体がんのサインを放置しないで

    茶色のおりもの?月経以外で血がでたら…子宮体がんのサインを放置しないで

    dot.

    9/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す