皮膚科は夏が患者が多い ヘルペスには要注意、夏場に多い皮膚病は? 医師が解説

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2022/07/22 07:00

皮膚の病気などを治療する診療科の皮膚科は、夏に患者が多く混雑するそうです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が夏場に気をつけるべき皮膚病について解説します。

あわせて読みたい

  • 皮膚に繁殖するカビ 水虫が感染する意外なルートとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚に繁殖するカビ 水虫が感染する意外なルートとは?

    週刊朝日

    4/12

    ピリピリ痛い、水ぶくれは帯状疱疹?「水ぼうそう」にかかったことのある人は要注意

    ピリピリ痛い、水ぶくれは帯状疱疹?「水ぼうそう」にかかったことのある人は要注意

    dot.

    7/20

  • コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説

    dot.

    12/24

    現役皮膚科医が医療ドラマや漫画のストーリー作りに挑戦! 謎の病気を解き明かす(第2弾)
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    現役皮膚科医が医療ドラマや漫画のストーリー作りに挑戦! 謎の病気を解き明かす(第2弾)

    dot.

    3/4

  • モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説

    dot.

    10/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す