コロナ後遺症の脱毛は治らない? 最新研究でわかった長期後遺症の実態を近畿大・大塚医師が解説

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

COVID-19

2022/04/29 07:00

 新型コロナウイルスに感染した人が後遺症に悩むケースも増えてきています。そんな後遺症についてまとめた研究結果も出ており、疲労、頭痛、注意力障害、脱毛、呼吸困難が多いようです。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。

【データ】コロナ後遺症、出やすい年代・性別は

*  *  *

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は回復後、数週間から数カ月続く後遺症、もしくは医学的合併症が知られていました。いわゆるLong COVIDと呼ばれるものです。発症後2週間以上持続し、健康だったころのベースラインに戻らない症状、徴候、異常な検査値は、COVID-19の長期的影響と考えることができます。Long COVIDは、主に重症だった患者さんで報告されていますが、入院を必要としない軽症の患者さんでも起きることがわかっています。

 今回、COVID-19の長期的な影響を評価する研究が発表されました。1万8251件の論文から4万7910人の患者を解析した結果では、COVID-19患者の80%に最低一つは長期に持続する後遺症があったようです。最も一般的な五つの症状は、疲労(58%)、頭痛(44%)、注意力障害(27%)、脱毛(25%)、および呼吸困難(24%)でした。

※写真はイメージです(写真/Getty Images)
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 少し細かく見てみましょう。Long COVIDで最も多かった疲労は、初発症状から100日後でも持続していたようです。さらに、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)と呼ばれるような重症例では、1年後に患者さんの3分の2以上が疲労症状を訴えているとの報告もあります。

 頭痛、注意力障害のほかに、嗅覚障害(21%)も報告されています。COVID-19感染後に、不安障害、不眠症、認知症の報告もありました。初診の段階から60~100日経過しても、35%の患者さんで肺の異常をCTスキャンで確認されたようです。

 私が専門とする皮膚科領域では、脱毛が問題となっています。脱毛の出現時期は、コロナ症状出現後の58.6日が平均で、回復まで平均76.4日かかったようですが、観察期間の最後まで治らなかった患者さんも含まれていました。Long COVIDによる脱毛の治療は、まだ確立されていません。私たちが皮膚科外来でみる脱毛症と同じように、カルプロニウム塩化物水和物を含有した育毛剤を処方し経過をみます。脱毛部位が少なく、隠せるようであれば問題ないですが、範囲が広い場合はウィッグの着用も検討します。

NEXT

帯状疱疹との関係も報告

1 2

あわせて読みたい

  • モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    モデルナアームは9割が女性 コロナワクチンで起きうる皮膚の副反応を皮膚科医が解説

    dot.

    10/1

    ズキズキ痛い「帯状疱疹」 女性に多く、痛みが十年以上続くことも!?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    ズキズキ痛い「帯状疱疹」 女性に多く、痛みが十年以上続くことも!?

    dot.

    6/6

  • 実はワクチンで予防可能だった!3人に1人が80歳までにかかる「帯状疱疹」の実態とは

    実はワクチンで予防可能だった!3人に1人が80歳までにかかる「帯状疱疹」の実態とは

    dot.

    7/26

    コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    コロナワクチン3回目接種前に知っておきたい皮膚の副反応 皮膚科医が解説

    dot.

    12/24

  • コロナ治療薬にアトピー性皮膚炎の薬が承認のなぜ? サイトカインストームを抑える効果
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    コロナ治療薬にアトピー性皮膚炎の薬が承認のなぜ? サイトカインストームを抑える効果

    dot.

    5/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す