相次ぐ「コース外滑走」「バックカントリー」遭難 捜索費用70万円を請求されたケースも

スキー

2022/02/03 10:00

 スキー場の管理区域内で滑走禁止エリアに侵入したり、管理区域外の「バックカントリー」に出て遭難する事例が相次いでいる。捜索にかかった費用の請求を定めた業界団体では、一人に対し約70万円を請求したケースもあるという。だが禁止区域に入る「ルール違反」や、能力を過信して不十分な装備でバックカントリーに向かってしまう「無謀なチャレンジ」を試みる者は減らず、スキー場では悩みの種になっている。

あわせて読みたい

  • スキー&スノーボードで話題急騰の「パウダーゾーン」。穴場はファミリーゲレンデ?!

    スキー&スノーボードで話題急騰の「パウダーゾーン」。穴場はファミリーゲレンデ?!

    tenki.jp

    1/5

    冬のニセコはまるで外国 !! 世界一の雪質を求め、各国のスキーヤーが集まる。日本人はどこ ?

    冬のニセコはまるで外国 !! 世界一の雪質を求め、各国のスキーヤーが集まる。日本人はどこ ?

    tenki.jp

    3/16

  • シーズン到来!スキー・スノボ特集2018|新潟編

    シーズン到来!スキー・スノボ特集2018|新潟編

    tenki.jp

    1/11

    日本初の航空券キャンセル補償も “コンビニ”保険が人気

    日本初の航空券キャンセル補償も “コンビニ”保険が人気

    週刊朝日

    7/9

  • 野沢・志賀・妙高|スキー場ゲレンデオープン情報【2016・12】

    野沢・志賀・妙高|スキー場ゲレンデオープン情報【2016・12】

    tenki.jp

    12/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す