たとえ離婚した相手でも…“死別”のつらさは想像以上に 「遺族外来」の医師が語る壮絶な精神状態

大西秀樹

2022/01/19 10:00

 死別は人生最大のストレスと言われる。特に配偶者やパートナーとの死別は重く、心身に大きな影響が出てしまう遺族は多い。生前に仲むつまじいほど悲しみは深くなる、と思う人がいるかもしれないが、「遺族外来」の専門医らによると会話のなかった夫婦や離婚した元夫婦でさえ、残された側がそうした状態に陥る例がある。「自分は大丈夫だろう、と思う方がいるとしたら、それは大いなる勘違いです」。専門医らが知ってほしいと願う死別の現実と、遺族外来の意義とは。

あわせて読みたい

  • 遺族は「元気出して」の励ましに傷つくことも……適切な対応は?

    遺族は「元気出して」の励ましに傷つくことも……適切な対応は?

    AERA

    3/22

    遺族の心をケアする「遺族外来」とは?

    遺族の心をケアする「遺族外来」とは?

    AERA

    7/10

  • 励ましの言葉もNG? 夫との死別で「遺族外来」受診する妻たち

    励ましの言葉もNG? 夫との死別で「遺族外来」受診する妻たち

    週刊朝日

    5/20

    「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    AERA

    3/21

  • もう会えない母…小林麻央さんの代わりに海老蔵ができること

    もう会えない母…小林麻央さんの代わりに海老蔵ができること

    週刊朝日

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す