明日は閻魔様のご縁日 閻魔信仰の本当の意味とは?

あなたの知らない神社仏閣の世界

2022/01/15 07:00

 今ではすっかり忘れられた言葉に「藪(やぶ)入り」というものがある。江戸時代には特に盛んになったが、商家などに勤める奉公人たちが、年に2回、親元などに帰ることのできる休日のことをこう呼んだ。

あわせて読みたい

  • 1月16日は閻魔賽日。「地獄の釜の蓋」って一体何?

    1月16日は閻魔賽日。「地獄の釜の蓋」って一体何?

    tenki.jp

    1/16

    地獄、三途の川、閻魔大王、独自に進化を遂げた日本の風習
    筆者の顔写真

    鈴子

    地獄、三途の川、閻魔大王、独自に進化を遂げた日本の風習

    dot.

    5/16

  • お地蔵様とサンタと閻魔大王の意外な関係とは?12月24日「納めの地蔵」

    お地蔵様とサンタと閻魔大王の意外な関係とは?12月24日「納めの地蔵」

    tenki.jp

    12/24

    死に装束も速乾性の軽い素材が良いようで… 三途の川の渡り方
    筆者の顔写真

    鈴子

    死に装束も速乾性の軽い素材が良いようで… 三途の川の渡り方

    dot.

    2/19

  • 盆踊りのルーツは「地獄」? 地獄も休む日本のお盆とは
    筆者の顔写真

    鈴子

    盆踊りのルーツは「地獄」? 地獄も休む日本のお盆とは

    dot.

    8/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す