「いつか行く」旅ではなく、「いつか死ぬ」時代の旅 写真家・佐藤健寿が120カ国を巡った先に見た「世界」の風景

朝日新聞出版の本

2021/11/06 17:00

 写真集『奇界遺産』やTV番組「クレイジージャーニー」で知られる写真家・佐藤健寿。ライフワークである「奇界遺産」が「人間の<余計なもの>を作り出す想像力や好奇心が生み出したもの」である一方、これまで世界120カ国でさまざまな「旅」の風景も作品として撮影してきた。そんな「旅」の作品群が、現在【ライカギャラリー東京/京都/GINZA SIX】の三箇所で展開している写真展「世界MICROCOSM」及び、12月15日に刊行される写真集『世界』にまとめられている。『世界』刊行を控えた写真家・佐藤健寿に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 星野源が明日の『タモリ倶楽部』に出演、辺境の“奇界遺産”を特集

    星野源が明日の『タモリ倶楽部』に出演、辺境の“奇界遺産”を特集

    Billboard JAPAN

    5/8

    廃墟の王・軍艦島のまだ見たことがない姿とは 『奇界遺産』佐藤健寿が生み出す世界

    廃墟の王・軍艦島のまだ見たことがない姿とは 『奇界遺産』佐藤健寿が生み出す世界

    dot.

    1/19

  • 「クレイジージャーニー」でおなじみ写真家・佐藤健寿の不思議で奇妙な旅

    「クレイジージャーニー」でおなじみ写真家・佐藤健寿の不思議で奇妙な旅

    AERA

    8/20

    【佐藤健寿】大阪市にある、童話に出てくる夢の宮殿のような建物の正体は?

    【佐藤健寿】大阪市にある、童話に出てくる夢の宮殿のような建物の正体は?

    週刊朝日

    8/13

  • 世界遺産で考える悲劇の意味「歴史の影を見ることで、光も目に入る」

    世界遺産で考える悲劇の意味「歴史の影を見ることで、光も目に入る」

    週刊朝日

    7/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す