「才能がない」のではない「見つけていない」だけ 自分でできる“才能のタネ”の探し方

仕事

2021/11/25 17:00

 米国の心理学者ターシャ・ユーリック氏の調査によると、およそ9割の人は自分を客観的に見られていないといいます。「才能は誰にでもある。ただ気づいていないだけ」と話すのは、米ギャラップ社認定ストレングスコーチ(R)として活躍する瀬戸和信氏(Sonos Japan日本代表)。成功している人の共通点は、自分が持つ「才能のタネ」を見つけて強みに育てる努力をしていること。つまり、誤った「自己認識」をあらためて、客観的に自分を知ることが大事なのです。

あわせて読みたい

  • なぜ笑顔で「ハイ!」と返事をする部下ほどやる気がないのか?

    なぜ笑顔で「ハイ!」と返事をする部下ほどやる気がないのか?

    dot.

    12/2

    SKY-HIがオーディションに私財1億円を投じた理由 「日本のエンタメ界は20年前のまま」
    筆者の顔写真

    森朋之

    SKY-HIがオーディションに私財1億円を投じた理由 「日本のエンタメ界は20年前のまま」

    dot.

    11/6

  • 「シークエンスはやとも」が語る有名人の“霊”事情 すごいファンの霊「千鳥・大悟」、意外だった「熊田曜子」の生き霊…

    「シークエンスはやとも」が語る有名人の“霊”事情 すごいファンの霊「千鳥・大悟」、意外だった「熊田曜子」の生き霊…

    dot.

    1/13

    「老害」にならないための3つの対策

    「老害」にならないための3つの対策

    週刊朝日

    4/22

  • 6月は「受験後うつ」に要注意! 難関校に合格した“優等生”を襲う見えないストレス

    6月は「受験後うつ」に要注意! 難関校に合格した“優等生”を襲う見えないストレス

    dot.

    6/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す