人口の7割接種完了でも「国産ワクチン」が必要な理由は? 大学がリードする開発の最前線

ヘルス

2021/10/28 09:00

 ファイザー、ビオンテック、モデルナ、アストラゼネカ……日本で使われている新型コロナワクチンはすべて外国企業が開発したものだ。10月26日時点で日本の人口の70.1%が2回目接種を終える(首相官邸HP)なか、国内企業もワクチンの開発を急いでいる。こうした開発を支えているのが、大学や大学発ベンチャーだ。国産ワクチンの開発にかかわる大学研究者に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • コロナワクチン「9月」供給予定も…接種後の再感染で重症化リスク懸念

    コロナワクチン「9月」供給予定も…接種後の再感染で重症化リスク懸念

    週刊朝日

    5/29

    ワクチン開発は英、米、中…遅れた日本 他国が実用化でも「国産」確保が重要である理由

    ワクチン開発は英、米、中…遅れた日本 他国が実用化でも「国産」確保が重要である理由

    AERA

    6/26

  • 加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    週刊朝日

    7/28

    期待集めるRNAワクチンの実態 温度管理の厳しい条件で輸送や保存に制約

    期待集めるRNAワクチンの実態 温度管理の厳しい条件で輸送や保存に制約

    AERA

    11/19

  • コロナワクチンの早期開発が難しい理由 開発で大事な4つのポイントとは?

    コロナワクチンの早期開発が難しい理由 開発で大事な4つのポイントとは?

    週刊朝日

    10/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す