華原朋美 人生をエンタメに化し、いまや日本一ほっとけないタレントに

道理で笑える ラリー遠田

華原朋美

2021/10/16 11:30

華原朋美(C)朝日新聞社
華原朋美(C)朝日新聞社

『アウト×デラックス』ではふくよかな体をさらけ出してダイエット企画に挑戦し、『お笑いの日2021』ではおいでやすこがとのコラボ漫才を演じて、『爆笑!ターンテーブル』では過去の恋愛エピソードを歌ネタにして披露した。いま最も身を削っているバラエティタレント、それが華原朋美である。

【写真】アルコール依存症疑惑で芸能界を去った人気アイドルはこの人

 バラエティ番組に出るタレントは、どれだけ身を削れるかのチキンレースをやっているようなところがある。時代の寵児だったカリスマ音楽プロデューサーとの大恋愛と大失恋を経て、その後も浮き沈みの激しい芸能生活を送り、何かと世間を騒がせてきた華原は、削れる身の分厚さが尋常ではない上に、それをあっけらかんとやってのけるサービス精神にあふれている。

 小室哲哉が手がける音楽がヒットチャートを席巻していた90年代中盤に、華原朋美は彼にその才能を見出され、歌手として鮮烈なデビューを飾った。「I BELIEVE」「I’m proud」などのヒット曲を連発して、CMにも多数出演して、若い女性の憧れの存在になった。私生活では小室と恋愛関係にあり、浮世離れしたゴージャスな暮らしをしているとも噂されていた。

 当時、若者だった世代の人間は、今でも華原のことを「朋ちゃん」と呼ぶ。その呼称に込められた特別な思いを、同世代ではない人に理解してもらうのは難しいかもしれない。恐るべき純粋さと明るさと危なっかしさをはらんでいるからこそ、最大限の親しみと畏怖を込めて彼女は「朋ちゃん」と呼ばれるのだ。

 90年代当時の華原は圧倒的な存在感があったし、特に同性からの人気は高かった。でも、ほとんどの人は、手放しで絶賛してるというよりは、その危なっかしさも含めて目が離せない、という感覚を持っていたように思う。

 その後、華原は小室と破局して、苦難の道を歩むことになった。歌手やタレントとして断続的に活動を行っていたが、心身の不調や私生活のトラブルで活動が途絶えることもあった。

NEXT

1歳の子どもにフェラーリを買うエピソードも

1 2

あわせて読みたい

  • 華原朋美が初監督/企画/編集/主演/を務めた映像公開 「皆さんが笑顔になってくれる姿を見たくて……」

    華原朋美が初監督/企画/編集/主演/を務めた映像公開 「皆さんが笑顔になってくれる姿を見たくて……」

    Billboard JAPAN

    6/26

    下品&暴露キャラで令和のバラエティーにハマった「華原朋美」はどこへ向かうのか

    下品&暴露キャラで令和のバラエティーにハマった「華原朋美」はどこへ向かうのか

    dot.

    1/22

  • 華原朋美が47歳でバースデー婚 会見が「アムロちゃんと同じ衣装」だった真意

    華原朋美が47歳でバースデー婚 会見が「アムロちゃんと同じ衣装」だった真意

    dot.

    8/17

    動画で謝罪し続ける華原朋美、「ネットの誹謗中傷がひどい」と同情の声

    動画で謝罪し続ける華原朋美、「ネットの誹謗中傷がひどい」と同情の声

    週刊朝日

    9/27

  • 華原朋美 熱烈ラブコールのあの人は小室への“アテ馬”?

    華原朋美 熱烈ラブコールのあの人は小室への“アテ馬”?

    週刊朝日

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す