眞子さまへの止まぬ批判、「意見」と「中傷」の線引きは? ネット中傷に詳しい弁護士に聞く

眞子さま

2021/10/06 08:00

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)が、続いた誹謗中傷によって「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を患っていることが公表された。眞子さまが具体的に何を中傷と感じたかは不明だが、ネット上には眞子さまや小室圭さんらへの批判があふれ、「正論と批判は誹謗中傷にあたらない」「どの内容を誹謗中傷と指摘しているのか」など、あくまで「意見だ」という声も多くみられる。法的には、どのような書き込みが問題となるのか。実際のコメントを例に、専門家に見解を聞いた。

あわせて読みたい

  • 綾瀬はるかさんに殺到する中傷 名誉毀損に当たる場合も 

    綾瀬はるかさんに殺到する中傷 名誉毀損に当たる場合も 

    dot.

    9/4

    木村花さんや伊藤詩織さんらへの誹謗中傷問題、表現の自由との線引きはどこに

    木村花さんや伊藤詩織さんらへの誹謗中傷問題、表現の自由との線引きはどこに

    週刊朝日

    6/15

  •  「宮内庁の策は、火に油を注いでしまった」眞子さまの結婚と「複雑性PTSD」公表の全内幕

    「宮内庁の策は、火に油を注いでしまった」眞子さまの結婚と「複雑性PTSD」公表の全内幕

    dot.

    10/2

    眞子さまの複雑性PTSD発症に韓国メディアは「日本国民は空気を読まない皇女を批判」

    眞子さまの複雑性PTSD発症に韓国メディアは「日本国民は空気を読まない皇女を批判」

    dot.

    10/5

  • 「コメント欄閉鎖も初めて導入」ヤフーは誹謗中傷コメントを排除できるのか

    「コメント欄閉鎖も初めて導入」ヤフーは誹謗中傷コメントを排除できるのか

    プレジデントオンライン

    10/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す