子どもの感染者が増えても「全国一斉休校」しないのはナゼ?「昨年の判断は最悪の選択肢だった」と専門家

一斉休校

2021/09/09 09:00

 8日の全国の新型コロナウイルス感染者数は約1万2千人。前週の約2万人からは大きく減ったが、引き続き多くの感染者が出ている状況だ。デルタ株は子どもや若年層にも感染が広がっており、文部科学省の調査によると夏休みの延長や臨時休校を行った公立学校は1割超に及んでいる。しかし文科省は学校について、「全国一斉の臨時休業は考えていない」と慎重な立場だ。国が一斉休校に踏み切らないのには、昨年の休校時に子どもたちを襲ったさまざまな「問題」があるという。教育行政の専門家に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 岩田健太郎医師が語る子どもの感染対策 「家庭内感染対策は難しい」「周囲の大人がワクチンを」

    岩田健太郎医師が語る子どもの感染対策 「家庭内感染対策は難しい」「周囲の大人がワクチンを」

    AERA

    9/10

    子どもの新型コロナ感染「学校・保育所で」は誤解? ウイルスを運ぶのは大人という事実

    子どもの新型コロナ感染「学校・保育所で」は誤解? ウイルスを運ぶのは大人という事実

    AERA

    5/27

  • 安倍首相のコロナ対策に異議あり! PCR検査などめぐり相次ぐ「地方の乱」

    安倍首相のコロナ対策に異議あり! PCR検査などめぐり相次ぐ「地方の乱」

    週刊朝日

    3/26

    中国で日本の「新型コロナ全国一斉休校」が絶賛されている理由

    中国で日本の「新型コロナ全国一斉休校」が絶賛されている理由

    ダイヤモンド・オンライン

    3/2

  • 学校のコロナ対策 英国の声明にみる「感染防止が難しくても閉鎖すべきではない」理由

    学校のコロナ対策 英国の声明にみる「感染防止が難しくても閉鎖すべきではない」理由

    AERA

    9/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す