今年のドラフト1位は「全員投手」? 野手で食い込めそうな選手は誰だ! (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年のドラフト1位は「全員投手」? 野手で食い込めそうな選手は誰だ!

西尾典文dot.
ドラフト上位指名が確実視される市和歌山の小園健太 (c)朝日新聞社

ドラフト上位指名が確実視される市和歌山の小園健太 (c)朝日新聞社

 高校野球の地方大会も本格化し、連日プロ入りを目指す選手のアピールも続いているが、今年は投手に有力候補が多い印象を受ける。現時点で上位指名の可能性が高い選手は以下の9人だ。

【写真特集】あの伝説のマネージャーも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

【高校生】

・風間球打(ノースアジア大明桜)
・達孝太(天理)
・小園健太(市和歌山)
・森木大智(高知)

【大学生】

・椋木蓮(東北福祉大)
・山下輝(法政大)
・佐藤隼輔(筑波大)
・隅田知一郎(西日本工大)

【社会人】

・広畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)


 他にも高校生では羽田慎之介(八王子)、畔柳亨丞(中京大中京)、大学生では鈴木勇斗(創価大)、三浦銀二(法政大)、黒原拓未(関西学院大)北山亘基(京都産業大)、社会人では横山楓(セガサミー)、森翔平(三菱重工West)なども評価は高く、巡り合わせ次第によっては上位に入ってくる可能性もあるだろう。一方の野手は1位間違いなしという存在は不在で、このままいくと1位の12人全員を投手が占めるということも十分に考えられる。そんな中でも1位に浮上する可能性がある選手を探ってみたいと思う。

 まず近年プロからの需要が高まっているのが長打力のある強打者タイプの選手だ。高校卒では村上宗隆(ヤクルト)、大学卒では佐藤輝明(阪神)、牧秀悟(DeNA)などが早くから戦力となっており、彼らに続く存在を狙う球団も多いはずである。このカテゴリーで候補となるのは阪口樂(岐阜第一・一塁手兼外野手)、有薗直輝(千葉学芸・三塁手)、吉野創士(昌平・外野手)、正木智也(慶応大・一塁手兼外野手)の4人だ。

 スケールの大きさでは阪口がナンバーワン。昨年夏の岐阜県代替大会で加藤翼(帝京大可児→中日)の149キロをとらえて広い長良川球場のライト中段へ運んだホームランはとても高校生のものとは思えない迫力で、この前の打席には左中間にも放り込んでいる。しかし新チームとなった秋以降は投手としての負担も大きいこともあって、それほど目立った活躍を見せることはできておらず、あっさりと三振に倒れる打席も多い。ただ、野手に専念した時に一気に才能が開花する可能性も高いだけに、将来性を評価する球団は多いはずだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい