アルツハイマー認知症の治療薬承認 「課題は投薬開始時期の判定の難しさ」と専門医

アルツハイマー型認知症

2021/06/08 09:03

 FDA(米食品医薬品局)は7日、米製薬会社バイオジェンと日本の製薬大手エーザイが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」を承認したと発表。認知症に効果が期待される新薬の臨床研究は、2019年の時点でわかっているだけでも100以上の薬の治験が世界で進められていた。日本では、認知症の進行を抑える薬が4種類使われているが、それらが承認されて以来、約10年、新しい薬は承認されていない。

あわせて読みたい

  • 認知症の治療薬 約10年ぶりに承認なるか? 従来薬との違いを専門家に聞く

    認知症の治療薬 約10年ぶりに承認なるか? 従来薬との違いを専門家に聞く

    dot.

    6/20

    長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

    長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

    dot.

    1/3

  • 認知症の発症20年前に早期発見へ 進行を抑える「新薬」にも注目

    認知症の発症20年前に早期発見へ 進行を抑える「新薬」にも注目

    週刊朝日

    11/8

    認知症が「治る」!? 世界中が注目する “新薬”とは?

    認知症が「治る」!? 世界中が注目する “新薬”とは?

    週刊朝日

    7/16

  • アルツハイマー型認知症の治療薬が2020年に実用化!?

    アルツハイマー型認知症の治療薬が2020年に実用化!?

    dot.

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す