ドジャース移籍の筒香 米記者「彼は苦労する」も高評価の理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドジャース移籍の筒香 米記者「彼は苦労する」も高評価の理由

澤良憲/YOSHINORI SAWAdot.
ドジャースへの移籍が決まった筒香選手(写真/GettyImages)

ドジャースへの移籍が決まった筒香選手(写真/GettyImages)

 5月15日(現地時間:以下同)、ロサンゼルス・ドジャースは先日タンパベイ・レイズからDFA(事実上の戦力外通告)を受けた筒香嘉智を獲得したと発表した。11日の戦力外通告発表後、筒香が引き続きレイズとマイナー契約を結ぶのか、あるいはシーズン途中ではあるが日本球界への復帰のどちらを選ぶのか予想されていた中で、メジャー他球団への移籍は現地メディアからも大きな驚きの声が挙がった。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら

 昨季からレイズと2年契約を結んでいた筒香だが、開幕当初から打撃が低迷していた。チーム内でも二番目の高額年俸選手ということもあり、レイズはシーズン開幕から筒香にチャンスを与え続けていたが、26試合の出場で打率は.167、本塁打に至っては0本と、全く振るわなかった。いつまでもチームの期待に応えられない筒香に対し、レイズの我慢は限界を超え、ついに筒香を手放す決断を下した。

 地元紙『タンパベイ・タイムズ』が13日に掲載した記事では「レイズは筒香に投資した1440万ドル(年俸とポスティング料を含む)を無駄にしたが、今後その代償を払うことはなくなるだろう」と述べ、高額な金を捨てても筒香を手放したチームの判断を評価した。このように地元メディアからも酷評を受け、仮にマイナー契約となってもチームに居づらい状況に陥っていた筒香の去就は米メディアからも大きな注目を集めていた。また、成績の低さだけではなく、指摘されていた速球への弱さ、また獲得する球団が負担することとなる残りの年俸の高さもネックになり、他のメジャー球団が獲得する可能性は極めて低いと現地でも考えられていた。

 ところが、戦力外通告発表からわずか4日後、筒香を獲得する球団が現れた。それが今回のドジャースである。ドジャースといえば昨季のチャンピオンで、筒香にとってもワールドシリーズで対戦したことがある強豪だ。オフには昨季のサイ・ヤング賞投手のバウアーを獲得するなど連覇を狙った補強が話題となった。そんなドジャースがなぜ筒香を獲得したのか、ドジャースを扱う地元ロサンゼルスのメディアに話を聞いた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい