季節で不調となる臓器が変わる! 漢方・薬膳の基本の一つ「五行説」とは?

ヘルス

2021/05/10 09:00

 東洋医学でいう「五臓」とは、からだを構成する「肝(かん)」「心(しん)」「脾(ひ)」「肺(はい)」「腎(じん)」の五つ。これらは解剖学的には現代医学の内臓とほぼ同じものですが、その考え方や機能は異なる部分があります。五臓には、それぞれが属する「五季」があり、季節とも深い関わりがあります。週刊朝日ムック「未病から治す本格漢方2021」では、漢方や薬膳を考える上で基本の一つとなる「五行説」について解説しています。

あわせて読みたい

  • 夏バテや肌老化を防ぐには「黄色い食材」を 薬膳的な食材選びのポイント

    夏バテや肌老化を防ぐには「黄色い食材」を 薬膳的な食材選びのポイント

    セルフドクター

    7/5

    薬膳でこの夏のジメ暑を乗り切る! 特別な食材は必要なし。家庭でできる薬膳を取り入れよう

    薬膳でこの夏のジメ暑を乗り切る! 特別な食材は必要なし。家庭でできる薬膳を取り入れよう

    tenki.jp

    8/22

  • 秋は「肺」に注意、知っておきたい東洋医学

    秋は「肺」に注意、知っておきたい東洋医学

    tenki.jp

    10/23

    冬に悪化しやすい「関節痛」 ずっと自分の足で歩くために「漢方」でできるケア

    冬に悪化しやすい「関節痛」 ずっと自分の足で歩くために「漢方」でできるケア

    dot.

    11/27

  • 気分が落ち込んだときに食べるとよい果実は? 東洋医学に学ぶ、冬のおいしい養生法

    気分が落ち込んだときに食べるとよい果実は? 東洋医学に学ぶ、冬のおいしい養生法

    セルフドクター

    2/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す