「目に優しい」はずのブルーライトカット眼鏡、なぜ子どもに悪影響? 専門家が推奨しない4つの理由

ブルーライト

2021/05/01 10:00

 いまや「目に優しい」ブルーライトカット眼鏡は人気の定番商品だ。パソコンやスマホ、ゲーム機などの画面が発するブルーライト(青色の光)をカットし、眼精疲労の軽減、睡眠障害や眼球障害の予防などをうたい、広く販売されてきた。だが、日本眼科学会など6団体が「小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見」を表明し、波紋を呼んでいる。

あわせて読みたい

  • ブルーライトカット眼鏡、子どもの発育に悪影響? 成長に必要な「光」まで遮断

    ブルーライトカット眼鏡、子どもの発育に悪影響? 成長に必要な「光」まで遮断

    AERA

    5/16

    ブルーライトカット眼鏡で体調不良も 目と健康の関係とは?

    ブルーライトカット眼鏡で体調不良も 目と健康の関係とは?

    週刊朝日

    4/2

  • 寝ても疲れがとれない「デジタル時差ボケ」急増…合計1日8時間以上、90分以上連続使用など要因に

    寝ても疲れがとれない「デジタル時差ボケ」急増…合計1日8時間以上、90分以上連続使用など要因に

    AERA

    9/3

    男性も「家事」! 美しく老いる30の秘訣

    男性も「家事」! 美しく老いる30の秘訣

    週刊朝日

    2/7

  • ブルーライトで体内時計を整えるって本当?

    ブルーライトで体内時計を整えるって本当?

    週刊朝日

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す