精神科医に聞く「子どもの心の病気は増えている?」 75%が25歳以下で発症

ヘルス

2021/03/28 08:02

 子どもの心の病気が増えているのでは? そう感じている人も多いのではないだろうか。 精神疾患の75%は25歳以下で発症するといい、若い世代への教育や啓発が求められている。東邦大学医学部精神神経医学講座教授の水野雅文医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 子どもの「心の病気」を学校教育で再び教えることになった理由 精神科医が語る

    子どもの「心の病気」を学校教育で再び教えることになった理由 精神科医が語る

    dot.

    3/28

    「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由

    「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由

    dot.

    1/23

  • 不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    1/20

    思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 

    思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 

    dot.

    5/27

  • 精神科にかかる人は15年前の約1・6倍に増加 精神科医が語る「心の病気」が身近になった実態

    精神科にかかる人は15年前の約1・6倍に増加 精神科医が語る「心の病気」が身近になった実態

    dot.

    1/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す