コロナ自粛で妻の家事負担増の夫婦は仲が悪化? データが示すある関連性

定年後

2021/03/20 17:00

 現役時代は仕事や趣味でお互い多忙な夫婦でも、定年後は一緒に過ごす時間が増える。良好な夫婦関係を維持するには、夫婦で家事をどう分担していくか、というのも重要な要素の一つだ。現在のシニア世代は家事分担をどう捉えているのか。また、コロナ禍で意識に変化はあったのか。現在発売中の週刊朝日MOOK『定年後からのお金と暮らし2021』では、シニア世代のシンクタンク機関に取材した。

あわせて読みたい

  • 法改正で「誰でも雇用延長」の時代は終わり! 現役時代から備える定年後の働き方

    法改正で「誰でも雇用延長」の時代は終わり! 現役時代から備える定年後の働き方

    dot.

    3/19

    「家事のできない夫」が定年後に夫婦の“リスク”? 妻も気づかない盲点とは

    「家事のできない夫」が定年後に夫婦の“リスク”? 妻も気づかない盲点とは

    dot.

    3/21

  • コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

    コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

    dot.

    9/12

    共働き夫婦の家事分担 バロメーター表で“見える化”した結果わかったこととは?

    共働き夫婦の家事分担 バロメーター表で“見える化”した結果わかったこととは?

    AERA

    10/23

  • 昼食作りは週2.5回、買い物は夫担当 コロナ禍の家事分担見直し夫婦の最適解は?

    昼食作りは週2.5回、買い物は夫担当 コロナ禍の家事分担見直し夫婦の最適解は?

    AERA

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す