心優しき炭治郎が「絶対に許せなかった」鬼・半天狗 小狡さだけではない“卑劣”な心根とは?

2021/03/13 11:32

『鬼滅の刃』は、主人公・竈門炭治郎が鬼狩りとなって、妹・禰豆子を「鬼」から人間に戻し、救済するまでの物語である。しかし、心優しい炭治郎は、鬼たちとの戦いの中で、鬼の悲惨な状況を知り、憎しみだけでなく、同情や葛藤を重ねていく。そんな中、どうしても炭治郎が「許せなかった」鬼がいる。「上弦の肆」の鬼・半天狗である。半天狗はなぜ炭治郎の逆鱗に触れたのか。セリフや表情から考察した。【※ネタバレ注意※】以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す