最注目イケメン俳優の岡田健史 下積み無しでも大物になりそうな予感 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最注目イケメン俳優の岡田健史 下積み無しでも大物になりそうな予感

丸山ひろしdot.
岡田健史(C)朝日新聞社

岡田健史(C)朝日新聞社

 現在、2本の連続ドラマに出演中の俳優・岡田健史(21)。菅野美穂主演の「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)で、モテモテなチャラい大学生・入野光役を演じ、NHK大河ドラマ「青天を衝け」では吉沢亮演じる主人公・渋沢栄一のいとこである尾高平九郎役だ。昨年は3本のドラマ、4本の映画に出演し、飛ぶ鳥を落とす勢いが続いている。

【写真】岡田健史も出演するイケメン大河の呼び声高い「青天を衝け」のイケメン俳優はこちら

 高身長に端正な顔立ちというルックスで知られる岡田。ファッション誌「ViVi」(講談社)の企画「国宝級イケメンランキング」の2020年下半期で、NEXT部門の1位に選ばれたほどで、次世代イケメン俳優の筆頭格だ。そんな岡田だが、芸能界デビューは2018年。同年10月期に放送されたドラマ「中学聖日記」(TBS系)で主演・有村架純の相手役に抜擢され注目を集めた一方、下積みや芝居の経験値が少ないという印象を持つ人もいるだろう。だが、テレビ情報誌の編集者は「岡田は憎めない正直さがあり、そこがプラスになっているのでは」と指摘する。

「甲子園出場経験のある高校の野球部に在籍していた岡田さんですが、昨年放送された密着ドキュメンタリー番組で、『学生時代はモテた?』と聞かれると『モテました』と素直に返答。卒業式では制服のボタンが全部なくなったそうで、これに『嫌味にとられる時はとられるんでしょうね』と言いながらも、『嬉しかった』と正直に当時の心境を明かしていました。また、情報番組に出演した時に、『コロナ禍(か)』を『コロナ渦(うず)』と言い間違え、その後、自身のインスタグラムのストーリー機能で、『コロナ禍でした。未熟者でお恥ずかしい限りです。勉強になりました』とつづっていたことも。あのルックスならば学生時代はモテたに決まっていますし、また、間違っていたことを素直に言えるところは好感が持てます」

 そんな正直さは撮影現場でも発揮されているようだ。映画で共演した賀来賢人によると、岡田は撮影現場での休憩中、椅子があるのにずっと立っていたという。賀来が「何で座らないの?」と聞いたところ、「3年までは座らないようにしてます」と返答。結局、岡田は朝方まで座らず、これに賀来は「すごいな」と思ったそうだが、「『いい加減座ったら』と言うと、すぐに座った」というエピソードを明かしている(「行列のできる法律相談所」日本テレビ系、2020年12月6日放送)。ちなみに、座らなかった理由は岡田いわく、単純に緊張していて、芝居をやって毛も生えてないのにどうして座れようと思ったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい