新リーグの最低年俸は…変わりゆく女子サッカー選手の待遇、今後はどうなる?

2021/02/19 17:00

 そして、この秋に女子プロリーグ=WEリーグでは、更なる環境改善が期待される。参加11チームは、それぞれ15名以上の選手とプロ契約を結ぶ。最低年俸は、大卒女性の平均初任給に近い270万円。貨幣価値も変わっているので、L・リーグの頃と単純比較はできないが、どん底の時期を思えば、少ない金額ではない。基本給だけでなく、勝利ボーナスなどのインセンティブ契約も出てくるだろう。

 また、試合用のスタジアムだけでなく、優先的に活用できるトレーニング場の確保が義務付けられている。ピッチも、天然芝、ハイブリッド芝、人工芝(これは、JFA認定人工芝ピッチ)が推奨されている。チームの半数以上の選手が、サッカー最優先の生活を送ることができれば、練習時間帯の日中へ切り替えも進む。フルタイム労働の後に駆けつけて、照明もまばらな土砂のグラウンドでボールを追う選手は、トップレベルでは減っていくだろう。

 欧州をはじめ、各国で充実した環境が整いつつある現在、海外でプレーする選手は少なくない。しっかりとしたプレー環境を整えることで、日本の選手だけでなく、全盛期のL・リーグのように、外国人選手にも選んでもらえるようなリーグへ、成長していってほしい。(文・西森彰)

1 2 3

あわせて読みたい

  • 女子サッカーの新リーグは成功するか “なでしこジャパン依存”脱却が重要なカギに

    女子サッカーの新リーグは成功するか “なでしこジャパン依存”脱却が重要なカギに

    dot.

    8/23

    東京五輪だけじゃない! 元なでしこ・大滝麻未が現役復帰したワケ

    東京五輪だけじゃない! 元なでしこ・大滝麻未が現役復帰したワケ

    AERA

    6/17

  • 魅力的な集客戦略も…女子サッカー界に、再び注目が集まる日は近い?

    魅力的な集客戦略も…女子サッカー界に、再び注目が集まる日は近い?

    dot.

    8/28

    いまだに現役も多い? なでしこジャパンのW杯制覇から10年…選手たちのその後

    いまだに現役も多い? なでしこジャパンのW杯制覇から10年…選手たちのその後

    dot.

    5/11

  • 新たな時代到来の予感…WEリーグ初代チェア岡島氏が語る、女子サッカー界の“理想形”

    新たな時代到来の予感…WEリーグ初代チェア岡島氏が語る、女子サッカー界の“理想形”

    dot.

    8/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す