森喜朗会長“居直り”謝罪に「日本人の恥」の声 上野千鶴子氏は「笑った人も共犯者」とばっさり (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森喜朗会長“居直り”謝罪に「日本人の恥」の声 上野千鶴子氏は「笑った人も共犯者」とばっさり

鎌田倫子dot.#東京五輪
釈明会見を開いた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜会長(c)朝日新聞社(代表撮影)

釈明会見を開いた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜会長(c)朝日新聞社(代表撮影)

ソウル五輪柔道女子銅メダリストの山口香さん(C)朝日新聞社

ソウル五輪柔道女子銅メダリストの山口香さん(C)朝日新聞社

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の言動が国内外の注目を集めている。昨日3日に日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議会という公の会議で女性蔑視ともとれる発言をしたこと。そして、4日、その発言を撤回したときの態度だ。「深く反省をしている」「撤回したい」と口では言ったものの、記者対応の様子では本心から言っているようには見えなかった。

【写真】森会長の発言に苦言を呈した、日本オリンピック委員会の理事の女性はこちら
*    *  *
「面白おかしくしたいんだろっ」

 記者に詰め寄られると、森会長はこう言い放った。4日に行われた、森会長が自身の発言について釈明する会見での一幕。森会長はその場で、前日の発言について謝罪と撤回をしたほか、会長職は辞任しないことも明言した。

 この日は冒頭のやりとりだけでなく、森会長は不機嫌そうに「さあ……あなたはどう思いますか?」と記者に逆質問をしてはぐらかしたり、「だから撤回させていただきますと言ってるんです」と他人事のように言ったり、「居直り」ともとれる態度だった。その様子はリアルタイムでテレビ放送、ネットニュースでも配信され、瞬く間に拡散された。

「こんなのが世界に流れるなんて恥ずかしい」
「謝罪をする態度ではありませんでした」
「誠意を感じられない」
「こんな人が組織のトップでいいのか」

 ネット上には森会長の言動にあきれ、憤る声があふれた。

 そもそもの発端は、前日のJOCの臨時評議会での森会長の発言だった。会議はオンラインで記者にも公開されていた。朝日新聞デジタルによると、森会長は「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と発言。女性理事を増やすJOCの方針に対する私見として述べたという。問題となった森会長の主なの発言は次のとおり。

「女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」

「女性の理事を増やしていく場合は、発言時間をある程度、規制をしないとなかなか終わらないので困ると言っておられた。だれが言ったとは言わないが」

 オンライン会議だったが、その場にいたJOC理事らからは笑い声も上がったという。

 すぐさま森会長の発言は「女性蔑視か」と報じられ、世間からも批判の声が相次いだ。もちろん、JOC関係者全員がこれを見過ごしていたわけではない。

 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい