『鬼滅の刃』名もなき鬼殺隊の「子どもたち」――彼らの献身は"特攻精神"と”自己犠牲”への賛美なのか

2021/01/24 13:01

『鬼滅の刃』は、週刊少年ジャンプに連載された「少年向け」の漫画であるが、年齢層を問わず、爆発的な人気を得た。ただ、国民的人気漫画となったゆえ、物議をかもした点もある。年端もいかない子どもたちが、あまりにもたくさん亡くなることだ。少年、少女たちが鬼殺隊の隊士として、自らの生命を他人にささげるストーリーは「特攻隊の美化」のように受け止める人もいた。はたして『鬼滅の刃』は、「危険な漫画」なのだろうか。(以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます)

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す