主演ドラマにハズレなし高畑充希 初の医師役も演技力で抜群の安定感 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

主演ドラマにハズレなし高畑充希 初の医師役も演技力で抜群の安定感

丸山ひろしdot.
高畑充希(C)朝日新聞社

高畑充希(C)朝日新聞社

 1月21日よりスタートするドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)で主演を務める女優の高畑充希(29)。本作は山深い村にぽつんと佇む診療所にやってきた女ドクター・紅野真空(高畑)が、少し変わった外科医や看護師とシェアハウスをしながら、命と向き合い成長していく姿を描いたヒューマンドラマで、高畑はテレビ朝日系ドラマ初主演となる。

【AERAの表紙を飾った美しい高畑充希の写真はこちら】

 高畑といえば、最近は2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」(日本テレビ系)、2019年1月期の「メゾン・ド・ポリス」(TBS系)、2019年10月期の「同期のサクラ」(日本テレビ系)と、コンスタントにドラマで主演を飾っており知名度も高い。しかも、それぞれきっちりと平均視聴率2桁という好成績を残し、高畑主演のドラマは人気が安定している。何より巧みな演技力が視聴者を釘付けにさせるのだろう。

「演技力に加え、歌唱力の高さでも知られる高畑ですが、最近はそのクレバーさが好感を呼んでいます。元日に放送された『芸能人格付けチェック』では、牛肉、鹿肉、豚肉の3種類の肉の中から牛肉を当てるという問題に対し、『普段、私フライドチキンを食べているので、鶏肉以外はわからないです』とコメント。高畑は『ケンタッキーフライドチキン』のCMキャラクターを務めており、SNS上では『たとえ全問不正解でもCMに出てる芸能人としては一流』『CMタレントとして完璧な発言』など、称賛の声が多くあがったんです。昨年4月には自身のインスタグラムで、自分が着ているセーターを人気ゲーム『あつまれどうぶつの森』で再現したことを報告し、ゲームのキャラと実際にセーターを着た自身の写真を投稿。その完成度の高さに、ネット上でも『正直すごい』『こういうの上手な人、ほんと尊敬する』と、感心する声が目立っていました」(テレビ情報誌の編集者)

 そんな高畑だが、想像力の豊かさが伺えるエピソードもある。「ホットペッパービューティーマガジン」(2019年10月24日配信)では、部屋の間取り図や飲食店の口コミサイトを見て妄想することが楽しいと告白。「この店ではこれを食べて」「こういうインテリアにして」みたいに、行った気になったり住んだ気になったりして、一日を過ごせてしまうタイプなのだとか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい