高校生とは思えぬ強肩…年間300試合を観戦するライターを“驚かせた選手”【守備編】 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高校生とは思えぬ強肩…年間300試合を観戦するライターを“驚かせた選手”【守備編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
平安高校時代から守備には定評のあった炭谷銀仁朗 (c)朝日新聞社

平安高校時代から守備には定評のあった炭谷銀仁朗 (c)朝日新聞社

 筆者は一年で平均して約300試合アマチュア野球を現場で見ているが、基本的にドラフト候補となる有望選手を追いかけていることもあって、プロ選手顔負けのプレーを目撃することも少なくない。そこで今回はそんな驚きのパフォーマンスを見せたアマチュア選手について、ここ数年レベルアップが目覚ましい高校球児に絞って振り返ってみたいと思う。なお対象は筆者がデータをとり始めた2001年以降にプレーした選手としている。今回は守備編だ。

【写真特集】あの伝説のマネージャーも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

 守備はポジションごとに紹介したい。まず捕手で強く印象に残っているのが炭谷銀仁朗(平安→2005年高校生ドラフト西武1位)だ。そのプレーを見たのは3年夏の京都大会、花園戦。当時のプロフィールは180cm、85kgとなっているが見た目にも一人だけ体つきが違っていたのをよく覚えている。

 シートノックの時から投げるボールの軌道と勢いは圧倒的なものがあり、地肩の強さは今まで見てきた高校生の中でもナンバーワンだった。この時のイニング間のセカンド送球は最速1.83秒をマークしているが、これは当時から15年経った今でも高校生ではなかなか見ない数字だ。プロ入り後も1年目から開幕戦でスタメン出場を果たしているが、それも頷けるだけの能力を備えていたことは間違いない。

 捕手でもう一人外すことができないのが中村奨成(広陵→2017年広島ドラフト1位)だ。1年春の中国大会で見た時はまだまだ体が細く、セカンド送球も2.1秒台とそれほど目立つことはなかった。3年夏の広島大会初戦ではドラフト上位候補らしいプレーを見せていたが、やはり圧巻だったのは甲子園でのプレーだ。

 大会記録となる6本塁打を放ったバッティングが大きな話題となったが、守備でも抜群のプレーを披露。地肩の強さはもちろんだがフットワークの良さが抜群で、鋭い出足でバントを処理してセカンドでアウトにしたプレーは今でも強烈に印象に残っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい