個人史上最高額4300億円の負債で自己破産、詐欺罪で逮捕…「バブルの象徴」となった女の衝撃人生とコロナ禍の今をつなぐもの

朝日新聞出版の本

2020/12/28 17:00

 ホラン千秋さんによる書評が産経新聞に掲載されるほか、週刊朝日、週刊現代、週刊新潮、週刊文春、AERAおよび共同通信でインタビュー記事が配信されるなど、各誌紙の紹介が相次ぐ葉真中顕さんの新刊『そして、海の泡になる』。発売前にプルーフ判を読んだ書店員さんからも「真摯な問いかけに溢れる力作」「現代社会の闇に触れつつも、ミステリーを楽しめるとても贅沢な内容で推さない理由が見つからない」「『真の幸福とは何か』を問いかける作品」と絶賛の声が寄せられていた。敗戦、バブル崩壊、コロナ禍の日本を描くことで、著者が問いかけようとしたこととは。「小説トリッパー2020年冬号」に掲載となった瀧井朝世さんによるロングインタビューの一部を抜粋して紹介する。

あわせて読みたい

  • 実在の女詐欺師をモデルにしながら…大トリックが仕込まれた一冊とは?

    実在の女詐欺師をモデルにしながら…大トリックが仕込まれた一冊とは?

    週刊朝日

    12/6

    12月号作家 芦沢 央 Ashizawa You自分を疑い、それでも書き続ける覚悟

    12月号作家 芦沢 央 Ashizawa You自分を疑い、それでも書き続ける覚悟

    12/1

  • 「気づけば取り返しつかず…」 コロナ禍とバブル崩壊・太平洋戦争をつなぐ社会派ミステリー

    「気づけば取り返しつかず…」 コロナ禍とバブル崩壊・太平洋戦争をつなぐ社会派ミステリー

    AERA

    12/21

    「自動小銃を連射すれば、当たる」と朝比奈容疑者 神戸山口組幹部4人が集中的に狙われる 

    「自動小銃を連射すれば、当たる」と朝比奈容疑者 神戸山口組幹部4人が集中的に狙われる 

    週刊朝日

    12/2

  • 射殺された神戸山口組系組長とヒットマンは顔見知りだった?【機関銃の写真入手】

    射殺された神戸山口組系組長とヒットマンは顔見知りだった?【機関銃の写真入手】

    週刊朝日

    11/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す