今年は“生き残った”けど…来年は確実に後がない「崖っぷち選手」は?

2020/12/10 16:00

 12月7日に行われた12球団合同トライアウト。引退を撤回し、14年ぶりの現役復帰を目指した新庄剛志(元阪神など)が大きな話題となったが、それ以外にも多くの選手がNPB球団との契約を目指して必死のプレーを見せた。その一方で契約を更改はしたものの、来年成績を残せなければ戦力外となる可能性が高い選手も少なくない。そんな2021年が正念場と言える“崖っぷち”に立たされている選手をピックアップしてみたいと思う。※文中の年俸は推定。

あわせて読みたい

  • 巨人が「大量リストラ」敢行したら…確実にリストに入りそうな選手は?

    巨人が「大量リストラ」敢行したら…確実にリストに入りそうな選手は?

    dot.

    9/1

    戦力外通告を受けたけど… 他球団でまだまだ“活躍できそう”な選手は誰だ!

    戦力外通告を受けたけど… 他球団でまだまだ“活躍できそう”な選手は誰だ!

    dot.

    10/18

  • 清宮、中村奨に“残された時間”は…「高卒ドラ1位野手」は何年ぐらいで主力に?

    清宮、中村奨に“残された時間”は…「高卒ドラ1位野手」は何年ぐらいで主力に?

    dot.

    7/3

    もう期待の若手ではない…苦しい立場になりつつある「ドラフト上位指名」選手たち

    もう期待の若手ではない…苦しい立場になりつつある「ドラフト上位指名」選手たち

    dot.

    10/2

  • 巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

    巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

    dot.

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す