マラドーナ氏が死亡前に手術していた硬膜下血腫とは? 飲酒も発症の要因に

ヘルス

2020/11/26 08:58

 サッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(60歳)が25日、死去したと現地メディアなどが報じた。自宅で心臓発作で倒れて死亡したとされるが、11月3日に硬膜下血腫のため手術を受けていた。11日に退院し、施設でアルコール依存症の治療を受けていた。硬膜下血腫について、週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2017』の記事から抜粋して紹介する。

あわせて読みたい

  • 気づいたら一刻も早く救急車を 脳梗塞の典型的な三つの症状とは

    気づいたら一刻も早く救急車を 脳梗塞の典型的な三つの症状とは

    dot.

    7/7

    飯島愛さんが亡くなる直前、会った医師が明かす持病の悪化

    飯島愛さんが亡くなる直前、会った医師が明かす持病の悪化

    dot.

    12/19

  • 俳優・斎藤洋介さんもインプラントの検査でがん発覚 歯の治療なのに全身検査が必要な理由

    俳優・斎藤洋介さんもインプラントの検査でがん発覚 歯の治療なのに全身検査が必要な理由

    dot.

    11/21

    認知症と間違えられやすい「慢性硬膜下血腫」

    認知症と間違えられやすい「慢性硬膜下血腫」

    週刊朝日

    6/28

  • プロレス柴田勝頼が倒れた硬膜下血腫 脳の血管が圧迫され意識の低下も

    プロレス柴田勝頼が倒れた硬膜下血腫 脳の血管が圧迫され意識の低下も

    dot.

    4/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す