かつて「ストレス性胃炎」と呼ばれた原因不明の腹痛 新しい病名とは?

ヘルス

2020/11/01 17:02

 慢性的な腹痛があるのに、健康診断では問題がないと言われる。そんな原因不明の腹痛は、機能性ディスペプシアかもしれない。機能性ディスペプシアとは、近年新しく名前のついた病気で、かつては「ストレス性胃炎」や「慢性胃炎」などと診断されていた。聞きなれない病名だが、どのような原因や症状があるのだろうか。東海大学医学部消化器内科学領域主任教授の鈴木秀和医師に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • おなかの張りで食事がとれず… 謎の病気でドクターショッピングした女性の苦悩

    おなかの張りで食事がとれず… 謎の病気でドクターショッピングした女性の苦悩

    dot.

    11/2

    日本の4人に1人が罹患?「機能性ディスペプシア」とは?

    日本の4人に1人が罹患?「機能性ディスペプシア」とは?

    週刊朝日

    8/3

  • 健康保険適用で“胃がんがなくなる日”がやってくる!?

    健康保険適用で“胃がんがなくなる日”がやってくる!?

    週刊朝日

    7/2

    患者数19万人以上 若年層に多い難病とは?

    患者数19万人以上 若年層に多い難病とは?

    週刊朝日

    1/11

  • 医師「むしろ難しい」 腹部がん手術で2割発症の「腸閉塞」とは

    医師「むしろ難しい」 腹部がん手術で2割発症の「腸閉塞」とは

    週刊朝日

    8/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す