まるで姑の小言? 「年の差ママ」に疲弊する新米ママたち (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まるで姑の小言? 「年の差ママ」に疲弊する新米ママたち

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田みくdot.
年齢差があるママ友も多くなっている。写真はイメージ(写真/PIXTA)

年齢差があるママ友も多くなっている。写真はイメージ(写真/PIXTA)

 共働き家庭の増加により、ママたちの年齢も“多様化”している。ママ友同士であっても、ひと回り以上離れているケースも珍しくない。だが新米ママたちは、ときに「年上ママ」たちからの“おせっかい”に悩まされているようだ。

【写真】“芸能界最強”のママ友グループを作った人気女優はこちら

*  *  *
「子供にYoutubeを見せるのって、育児放棄と一緒じゃない?」

 都内在住で専業主婦の岩田さくらさん(仮名・31歳)は、アラフィフママのAさんからこう言われ、面食らったという。Aさんとは同じマンションに住んでおり、ママ友でもある。ある日、岩田さんは「3歳の子どもと一緒にYoutubeを見て一緒に英語や歌を楽しんでいるんです」とAさんに話した。するとAさんは「無料で見られるものは教育的に意味がないものが多い」「子供向け通信教育の教材を使うべきだ」などと持論を展開し、冒頭のような一言を放ったという。

「確かに一理あるのかもしれませんが、理由があまりにもふわっとしていて……。通信教育の教材でも“動画を見せる”という点では一緒な気もしますが、反論すると面倒なのでグッと堪えました」

 頻繁に岩田さん宅へ来たがるというAさん。その度に、「Youtubeやめた? ××(子供向け通信教育)を始めたほうがいいよ」と、アドバイスしてくるそうだ。

「Youtubeに限らず、『お菓子は無添加の△△がいい』『激安スーパーの食材で料理するのは虐待と同じ』など、グサグサと傷つけるようなことを言ってきます」

 距離を置こうかとも思ったが、同じマンションに住んでいるため厳しそうだと諦めている。

「“子育て世帯が喜ぶマンション“という点を魅力に感じて購入したのですが、今はすごく窮屈です。夫には申し訳ないですが、引っ越したいです」

 もっとデリケートなことをズケズケと言ってくる年上ママもいる。

「3人目は? 私はもう産めないから、そのぶん頑張ってよ!」

 アラフィフママだというBさんにこう詮索されて嫌だと話すのは、埼玉県在住の専業主婦・高田有紗さん(仮名・34歳)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい