鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

鉄道

2020/09/07 09:00

 昨年(2019)年11月30日、相模鉄道(相鉄)とJR東日本との間で相互直通運転がスタート。首都圏路線網に郊外と都心とを結ぶ新たな直通ルートが加わったことは話題になった。複数の既存路線のほか一部に新規路線を介したこの直通運転は、最長で相鉄本線の海老名とJR川越線の川越間101.4キロメートルに及ぶロングランで、都心側では渋谷や新宿に停車、駅や車内などでは「埼京線・相鉄線直通」などと区間に応じて案内されている。そんな直通運転の歴史や実情に迫ってみた。

あわせて読みたい

  • 相鉄がついに「東京進出」JRとの相互直通で目指すのは?

    相鉄がついに「東京進出」JRとの相互直通で目指すのは?

    dot.

    10/23

    トンネルを抜けたら…ここはどこ!? 「貨物線の旅」が密かなブーム

    トンネルを抜けたら…ここはどこ!? 「貨物線の旅」が密かなブーム

    dot.

    10/31

  • 「座って通勤」に激震!鉄道直通運転増加で泣く人・笑う人

    「座って通勤」に激震!鉄道直通運転増加で泣く人・笑う人

    ダイヤモンド・オンライン

    6/4

    まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

    まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

    dot.

    3/28

  • 大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    dot.

    12/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す