血尿や頻尿は膀胱がんのサインかも 早期発見で全摘回避を

がん

2020/08/15 17:00

 推定患者数が2万人を超える膀胱がん。膀胱内にがんが多発し、再発しやすいことが特徴で、進行すると膀胱全摘除術が必要となる。2018年にはダヴィンチによるロボット支援手術が保険適用となった。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、膀胱全摘術について専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • 【膀胱がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【膀胱がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/23

    がんで膀胱を全摘したら、排泄はどうなる? 生活に支障は?

    がんで膀胱を全摘したら、排泄はどうなる? 生活に支障は?

    dot.

    8/17

  • 【膀胱がん手術】サンド伊達は血尿でがん判明 膀胱を温存か全摘か? 専門医が解説

    【膀胱がん手術】サンド伊達は血尿でがん判明 膀胱を温存か全摘か? 専門医が解説

    dot.

    3/27

    「とくダネ!」小倉智昭さんが患った膀胱がん かつては菅原文太さんや松田優作さんも…

    「とくダネ!」小倉智昭さんが患った膀胱がん かつては菅原文太さんや松田優作さんも…

    週刊朝日

    11/5

  • 多発・再発しやすい膀胱がん 取り残しや再発を防ぐための治療法とは

    多発・再発しやすい膀胱がん 取り残しや再発を防ぐための治療法とは

    dot.

    8/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す